TEL 022-725-8180

〒981-0913
宮城県仙台市青葉区昭和町5-50

北仙台駅徒歩2分

仙台市青葉区の北仙台山口デンタルクリニック【歯科・小児歯科・歯科口腔外科】

小児歯科

確実な白さをご提供

困難な外科的治療も対応

携帯からメールで
予約ができます。

北仙台
山口デンタルクリニック
電 話:022-725-8180

kitasendai-dc
@dental-net.co.jp
に、空メール送信
して下さい。

メール返信までにお時間がかかることがあります。
※メール受信拒否機能などをご利用の方は、予め下記 ドメインの受信許可設定をお願い致します。
【ドメイン】dental-net.co.jp

HOME»  小児歯科

小児のむし歯

乳歯は永久歯よりも柔らかいため、むし歯の進行が早いのが特徴です。
乳歯の下では既に永久歯が出始めていますので、むし歯のまま放置をすれば、永久歯が生える場所を確保する前に乳歯が抜けてしまいます。すると、永久歯がガタガタに生えてきてしまったり、埋入したままになる危険性があります。

むし歯や歯並びの異常が見つかっても、早期発見が出来れば対処することができますので、3か月~6か月の間隔で、定期健診の習慣をつけることが大切です。

予防歯科

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中にはむし歯菌はいませんが、むし歯を持つご家族との食器の共有や、食事を噛み砕いて与えることで、無菌だったお子様にむし歯菌がうつってしまいます。
予防歯科では、むし歯になってからの治療ではなく、なる前の予防を大切にしています。

年代別の予防ポイント

0~1歳頃

赤ちゃんの乳歯は、個人差はありますが、生後8ヵ月頃から生え始め、20本すべてが生え揃うのは3歳頃と言われています。歯が生え始めると、歯磨きのスタートです。口の中は、まだ固いものには慣れていないので、やわらかい歯ブラシで行うようにしましょう。最初は歯磨きを嫌がらないよう、ハブラシを口の中に入れられることに慣れることを目標に行っていきましょう。

2~3歳頃

この時期になると、乳歯がほぼ生え揃ってきます。3歳頃までは「保護者磨き」を中心に行い、3歳を過ぎた頃からお子さまの「練習磨き」をしていきます。練習磨きのあとは、保護者による「仕上げ磨き」をしてあげてください。
甘いおやつは、ダラダラ食べるとむし歯の原因になってしまします。食べる回数を控えたり、アメやグミなどは小さいものを選びましょう。

4~5歳頃

この時期になると、乳歯が完全に生え揃います。自分で歯を磨く習慣をつけましょう。予防に効果的な成分にフッ素があります。再石灰化を促進してムシ歯予防に効果的に働いてくれるため、毎日の歯磨きもフッ素配合のハミガキ剤を使って磨きましょう。また、歯科医院でもフッ素が塗れるので、お気軽にご相談下さい。

6~9歳頃

永久歯が生え始めるこの時期では、歯並びや噛み合わせを決める大事な『第一大臼歯(六歳臼歯)』が一番最初に生えてきます。生え始めは歯の高さがばらばらなので、むし歯になりやすい時期でもあります。定期的にフッ素の塗布とシーラントの処置を受けましょう。

10~12歳頃

永久歯に交換し、生え揃う時期です。正しい歯の磨き方と同時に、予防歯科の理解も深めていきましょう。歯と歯の間など、ハブラシの毛先が届きにくい部分は、デンタルフロスが適しています。小学生でもぜひ使ってみましょう。

お子様が歯医者を嫌いにならないために

お子様を歯医者嫌いにさせないためには、最初が肝心です。治療の無理強いはしません。 緊急ではない場合を除き、お子様のペースで治療を行っていきます。

歯医者を嫌いにならないためのポイント

1.「悪いことすると歯医者さんに連れて行くよ」という脅し文句を使わない
「歯医者は怖いところ」というイメージがついてしまいます。歯医者さんに恐怖心を抱かせるような表現はやめましょう。
2.お父さん、お母さんがリラックスする
親の緊張は、お子さんにも伝わります。「大丈夫かなあ」「ちゃんと治療できるかなあ」と不安を表に出さず、リラックスして来院しましょう。
3.嘘はつかない
歯医者に行くことを伝えなかったり、治療をするのに、「見てもらうだけだよ」と嘘を伝えたりするのはやめましょう。なぜ歯医者に行くのかしっかり伝え、心の準備をしてもらうようにしましょう。
4.うまくできなくても叱らない!うまくできたら褒めましょう!
歯医者に慣れていないうちは、機器の音に驚いて泣いてしまったり、口をうまく開けれなかったりするお子さんもいます。そんな時は、決して怒らないようにしましょう。小さいことでもできたら、「できたね!」とたくさん褒めてあげてください。その積み重ねが自信に繋がります。
Page Top