TEL 022-725-8180

〒981-0913
宮城県仙台市青葉区昭和町5-50

北仙台駅徒歩2分

仙台市青葉区の北仙台山口デンタルクリニック【歯科・小児歯科・歯科口腔外科】

一般歯科

確実な白さをご提供

困難な外科的治療も対応

携帯からメールで
予約ができます。

北仙台
山口デンタルクリニック
電 話:022-725-8180

kitasendai-dc
@dental-net.co.jp
に、空メール送信
して下さい。

メール返信までにお時間がかかることがあります。
※メール受信拒否機能などをご利用の方は、予め下記 ドメインの受信許可設定をお願い致します。
【ドメイン】dental-net.co.jp

HOME»  一般歯科

歯が痛む原因と対処法

歯が痛む原因と対処法

単に「歯が痛い」といっても、その種類はさまざまです。それは虫歯からくるのか、知覚過敏からくるのかを解説しましょう。

どんな痛み?   予想されるトラブル
  • 物を食べたときに鈍痛が走る
  • ズキズキとした痛みが続く
  • 冷たい物を口にするとしみる
【虫歯】虫歯菌に冒されている可能性があります。虫歯は初期を除いて、自然に治癒することはほとんどないので痛みを感じたらすぐに歯科医院で診てもらいましょう
  • 口を開けただけでしみる
  • 冷たい物だけでなく温かい物を口にするとしみる
  • しみたり痛みを感じたりするのは一時的
【知覚過敏】何らかの原因で歯の表面のエナメル質が薄くなり、内側の象牙質が露出し刺激を感じやすい状態のことを知覚過敏といいます。コーティング剤や薬剤などを塗布して治療していきます

むし歯

むし歯とは

むし歯は、口の中にいる細菌が、私達が食べたり飲んだりする糖分を餌にして作りだした酸によって、歯が溶けた状態のことを言います。むし歯菌はほとんどの人の口の中にいるような細菌ですが、口の中で増やさないようにすること、酸をつくりにくいような生活習慣をすることで、十分予防のできる病気です。通常は痛みなどの症状はありませんが、進行すると痛みが出るだけでなく、歯の内部の神経にまで影響が及ぶと、耐えがたい痛みの原因になったり、全身に細菌が回ってしまうこともあります。

予防方法

むし歯の予防法で大切なことは、「歯みがき」「食習慣」です。
むし歯菌を減らし、その活動を抑えて、歯を丈夫にしていきましょう。

歯磨き

むし歯菌を減らすということは、プラークを取り除くことです。むし歯菌が作るネバネバの物質によって、プラークは歯に付着します。付着力はかなり強くて、うがいではなかなか取り除くことができないので、歯ブラシでこすり取る必要があります。やはりむし歯予防の基本は歯みがきなのです。
しかし、歯磨きだけでは、歯と歯の間のプラークを全て取り除くことはできません。歯と歯の間の掃除には、デンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシが必要です。歯科医院で一度自分に適した歯のみがき方、歯間部の掃除の仕方を教わることをお勧めします。

食習慣

唾液は、口の中の汚れを洗い流すのにとても有効です。唾液をたくさん出すには、ごはんをよくかむことが大切です。また、食べ物が口の中でかみ砕かれる際にも、歯の表面の汚れを取り除いてくれています。いつも柔らかいものを食べるのではなく、できればかみごたえのあるかたいものを食べると、むし歯予防に有効です。また、ガムをかむものいいでしょう。むし歯菌の餌となる砂糖でなくキシリトールを使ったガムが有効です。

治療方法

初期むし歯の治療

まだ歯に穴が開いていないような初期のむし歯では、プラークを溜めないようにして、フッ化物などを活用して再石灰化させることも可能です。つまり、歯を削らずにむし歯を直すということができます。毎日の歯の手入れが重要で、期間もかなり長期間かかることもありますが、歯に穴があいてしまう前に、むし歯の進行を食い止めるのが最も良い治療法です。

穴があいてしまったむし歯の治療

穴が開いたむし歯というのは、エナメル質の内部の象牙質にまで細菌が侵入しています。細菌の入っている病巣部は除去します。そしてそのなくなった部分に、金属やセラミックスなどの人工材料を詰めたり被せたりして、歯の形に回復させます。
奥歯では金属を用いることも多いですが、近年では奥歯でも金属色よりも白い歯が好まれるようになり、コンポジットレジンやセラミックスで治療を希望する方が増えています。現在使われている材料にはそれぞれ特徴がありますが、いずれも耐久性や安全性に優れています。

知覚過敏

知覚過敏とは

知覚過敏とは、歯ブラシの毛先が触れたり、冷たい飲食物、甘いもの、風にあたった時などに歯に感じる一過性の痛みで、特にむし歯や歯の神経(歯髄)の炎症などの病変がない場合にみられる症状を言います。
歯の最表層にあるエナメル質は削っても痛みを感じることはありません。象牙質はその内層にあり、また根部ではエナメル質がなく全層が象牙質でできています。象牙質は器具でこすったり、冷たいものや熱いもの等に触れると、その刺激は内部の神経に伝達されて、歯は痛みを感じます。つまり象牙質は痛みを感じる部分です。
通常、象牙質はエナメル質に覆われているので、こうした痛みを感じることはありませんが、極端に冷たいものなどではエナメル質の上からでも温度が内部の象牙質に伝わって、歯が痛みを感じることもあります。しかし、様々な理由で象牙質が露出すると、刺激が神経に伝達されやすくなり、知覚過敏が生じるようになります。

予防方法

知覚過敏の確実な予防法はありませんが、健康な歯肉でも加齢によってある程度歯肉が退縮することは避けることができません。歯の根部の象牙質の露出を防ぐには歯周病の予防に努めることと、歯肉の退縮が進みやすいような不適切な歯みがき法をしないことです。またプラークが付着した状態が長く続けば、歯の表面が酸により溶けて、知覚過敏が起きやすくなります。この場合にはむし歯も進行しやすくなります。つまり、歯周病とむし歯の予防が、知覚過敏の予防につながるのです。

治療方法

知覚過敏の治療は、主に5つあります。

1.再石灰化を促す

知覚過敏症は、軽度なものでは期間が経過すると自然に消失することもよくあります。これは象牙質の露出部において、唾液や歯みがき剤からの再石灰化成分によって、象牙質の微細な空隙が封鎖されてくるためと考えられます。露出した象牙質は歯みがきでも痛みを感じやすくなっていますが、歯みがきを十分に行わないとプラークが付着します。プラーク中にはむし歯菌がいて、酸を作りその歯の表面を溶かしています。再石灰化とは逆の脱灰という現象です。こうなると知覚過敏はむしろ悪化することも考えられます。知覚過敏の改善にも歯みがきはとても重要です。

2.歯の神経の興奮を抑える

知覚過敏は歯の神経が刺激を受けて、痛いという信号を中枢に送ることで私達は痛いと感じます。この神経の信号を送らせないようにする、つまり神経を興奮させないという治療法もあります。これは歯の神経の周囲をカリウムイオン(K+)が多く取り巻いていると神経の細胞が興奮しにくくなるということを利用したものです。実際には歯みがき剤に硝酸カリウムという成分を含ませて、この歯みがき剤を継続して使うことで、知覚過敏の改善効果があることが確かめられています。

3.象牙質の露出部分の内部の空隙を封鎖する

露出した象牙質の内部の小さな空隙を、歯と同じような成分の結晶や、その他様々な物質で封鎖することで、歯の神経への刺激の伝達が遮断されて、知覚過敏をなくすことができます。そのための材料を歯科医院で塗布する方法(図8、9)の他、歯みがき剤でも結晶の形成を促進する成分を含むものがあります。歯科医院で塗布する方法の方が歯みがき剤による方法よりも効果が高く即効性もあります。

4.象牙質の露出部分を被覆する

知覚過敏のある象牙質表面を被膜で被覆することで知覚過敏をなくすことも可能です。この場合には接着材を用いて樹脂による薄い皮膜を形成するのが通例です。この方法にも即効性があります。象牙質表面がすり減っていたり、酸で溶けていて凹みがある場合には、その凹み部分の形態を回復させるようにして象牙質表面を被覆します。

根管治療

根管治療とは

虫歯が進行してしまうと、最終的には「歯を抜くこと」しか治療法がなくなります。しかし、抜歯をすると周辺の組織に負担がかかり、口腔内のバランスを崩すことがあります。そのような抜くしかない末期の虫歯になる前に、歯を残すことを「根管治療」といいます。
根管治療は、歯の根っこである「根管」から、虫歯に冒された神経や血管を取り除いて、管のなかを消毒し薬を詰めていきます。歯の根は、建築物でいえば、地下に隠れている土台。その部分を残すことで、歯をできるだけ長持ちさせるようにしていきます。

Page Top